みやもとブログ

好きなものの感想とか書いていきます。ラジオ、読書、音楽、資格、Notionなど。

Notion関数を使ってグラフっぽい表示にする(読書記録Notionの毎月読書量)

この記事をシェアする

今回は「Notionの関数を使ってグラフっぽい表示にする」に関して書いていきます。

以前「読書記録Notionを基に毎月の読書量を集計する」記事を投稿しており、集計した結果をバー表示してなんとかグラフっぽい表示にしていました。

関連記事

で、今回の記事ではバー表示ではなく、Notion関数を使ってグラフっぽい表示にする方法を試してみました。

試した結果としては、バー表示より更にグラフっぽい表示になったかなと思っています。

それではサクッと本題へ。

変更内容(画像)

まずは変更前後の画像を貼ります。

変更前はバー表示、変更後は関数を使用した表示です。

変更前(バー表示)

変更前(バー表示)

変更後(関数)

変更後(関数)

こんな感じです。

変更前は、バー表示でなんとかグラフっぽい感じになっているかなと。
それに対して変更後は、よりグラフっぽいビジュアルに寄ったかなと。

変更後のグラフの良い点は、

  • 色の選択肢がある
  • バー表示よりグラフっぽい
  • 関数なので条件分岐で表示をカスタマイズできたりする(後述)

といった辺りです。

ただ、そういえばバー表示も色の選択ができますね。
でもやはり、グラフっぽい表示が特に良い点だなと思っています。(自分の好みというだけかもですが)

参考リンク

以下のサイトを参考にさせて頂きました。ありがとうございます。

notion-fan.com

設定内容(関数)

Notion関数を使ってグラフを表現しています。

関数に設定した内容は以下のような感じです。(赤線部分)

設定内容(関数)

一応、コピペできるように設定した関数の内容を貼っておきます。

コード
repeat(style(" ", "green_background"), prop("読書冊数"))

別案

関数を使ってグラフを表現しているので、条件分岐を書いてカスタマイズできたりもします。

例えば、読書冊数に応じて色を変えるようにカスタマイズしてみます。

  • 20冊以上:青で表示
  • 10冊以上:黄で表示
  • 10冊未満:赤で表示

読書冊数に応じて色を変える

こちらも一応、コピペできるように設定した関数の内容を貼っておきます。

コード
repeat(
    style(
        " ",
        ifs(
            prop("読書冊数")>=20, "blue_background",
            prop("読書冊数")>=10, "yellow_background",
            "red_background"
        )
    ),
    prop("読書冊数")
)

おわりに

ということで、「Notionの関数を使ってグラフっぽい表示にする」対応についてアレコレ書いてみました。

変更前のバー表示の方が好みな人もいるかもですが、個人的には変更後の方がグラフっぽくで好みです。
しばらくはこのグラフ表示で読書記録しようと思います。

この記事が参考になれば幸いです。

Notionの便利ポイントはいくつか記事にしています。
気になる記事があればぜひ。

miya-moto-blog.hatenablog.com

miya-moto-blog.hatenablog.com

miya-moto-blog.hatenablog.com